常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA(GTX)の仕様や実績、評判・口コミ・レビューは?|FX-EA

GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)のご紹介
GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)の仕様や実績、評判・口コミ・レビューは?|FX-EA

こんにちは、ブログ管理人の まつ (๑•᎑•๑) です!!

皆さんお世話になります!

皆さんにとって、このサイトが価値ある情報源になれればと考察を日々続けていきます。

今年も皆様のご健康とご多幸を心からお祈り致します。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さん風邪や体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。

今回の案件・商材は、[GTX]のFX-EAのご紹介です!
[GTX](常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)についてまとめました。

こういう悩みや疑問を持っている方は、ぜひお読みください。
利用する上で、しっかりと調査することも大切ですよね。

巻末では皆さんに、私が実際に利用して成功を収めている実績のある案件を紹介しています。
これがきっかけとなって、新たな収入の機会の可能性を秘めた資産運用のきっかけになれればと思います。

これは無料で提供できますので、ご興味がある方もそうでない方も一度ご覧いただければ幸いです。

巻末からLINEの友達追加をしていただき、ご連絡をいただけますと受け取ることができます。

目次

GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)の記事執筆時点での実績

私は全期間で確認はせず、3カ月をベースに確認するようにしてます。
直近、1カ月では短すぎる、全期間ではリリースから何か月なのか判断できないためです。また3カ月をベースにホントに悩んだら1ヶ月と6カ月を見て判断するようにしています。

収益はプラスになってはいますね。
様子見してから利用するか決めるのも一つの手段と思います。

GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)の損益統計(月別)

GTXの直近の損益統計(月別)になります。

プラスの月もあれば、マイナスの月もあります。
大きなマイナスさえなければ安心ですが、トントンといったところでしょうか。

年初めはマイナスなので様子見してから利用するか決めるのも一つの手段と思います。

12月の損益カレンダー | [GTX](常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)

11月の損益カレンダー | [GTX](常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)

GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)のストラテジー

スクロールできます

aaaaaaa
フェニックス フェニックスEA FX-EA PHOENIX フェニックスシステム
PhoenixEA
(フェニックスEA)
バハムートPAMM バハムート FX-PAMM BAHAMUT バハムートシステム 稼ぐ副業 FX 稼げる 自動売買 トレーダーによる完全裁量取引
BahamutPAMM
(バハムートPAMM)
通貨ペアUSD/JPYGOLDEUR/USD、
AUD/NZD、
XAU/USDetc
取引スタイルデイトレードデイトレード、
両建て即時エントリー、
変則型マーチン
トレーダー裁量取引
最大ポジション数最大1ポジションV1:最大20ポジション
V2:最大60ポジション
トレーダー裁量取引
運用タイプ1枚運用複数枚運用トレーダー裁量取引
最大ロット数FX業者指定の
最大ロットまで可能
パラメータ設定によるトレーダー裁量取引
参考価格40,000円無料無料
コミュニティ
購入するLINEへ友達登録LINEへ友達登録
各製品の比較(管理人利用中の製品との比較)

GTX(常に期待値がプラスの取引を繰り返すEA)よくあるご質問

使用可能FX業者・ブローカー

対象通貨ペアがあり、MT4サーバー時間が冬GMT+2/夏GMT+3(米国、欧州基準)または冬夏GMT+0のFX業者・ブローカーのMT4で使用可能です。

FX自動売買(MT4EA)とは

FX自動売買とは、予め取引ルールと決済ルールを組み込んだ、プログラミングによる自動売買のことを言います。自動売買をする方法は色々ありますが、MT4というトレードプラットフォーム上で稼働するExperts Adviors(以下EA)を取り扱っています。

FX自動売買の取引タイプについて

MT4で使うEAには色々な取引タイプのEAがあります。
裁量トレードと同じように、インジケーターを組み合わせて取引タイミングや決済タイミングを決めるもの、一定の価格(pips)間隔で買いや売りを繰り返すもの、相場のアノマリーや時間的特徴を利用した取引手法など、その種類は裁量トレードの手法と同じく豊富です。

簡単に分類すると、
・スキャルピング(数分~数時間以内で取引が完了するタイプ)、
・デイトレード(数時間~1日程度で取引が完了するタイプ)、
・スイング(1日以上~1週間程度の比較的長い期間をかけて取引を行うタイプ)
・ナンピン・マーチン(等間隔または不等間隔で複数のポジションを持ち、利益が出たら一括で決済をするタイプ。ロット数を段階的に上げていくものをマーチンゲールといいます。)
・アノマリーEA(仲値トレード、早朝スキャルピング)

などがあります。

FX自動売買のリスクとメリット・デメリットについて

FXを行う以上、裁量トレードと同じように自動売買にもリスクは存在します。
ただし、自動売買は予めリスクを限定できる、予想できるということが大きな強みでもあります。

【リスク】
FX取引をする以上は取引リスクは自動売買にももちろん存在します。
・ロットサイズのリスク
勝率が高いからといってロットを無理に大きくすると、EAによってはまれに負けた時の損失Pipsが大きい場合があります。必ずSLのPipsや保有ポジション数を確認してから、適切なロットで運用しましょう。

・急激な相場変動リスク
指標発表や、突発的なニュースによって急激に相場が動くケースがあります。システムトレードはそのような予測できない相場の動きを想定していないため、事前に決済しておく、取引しないなどの判断が出来ません。対策としては指標発表やVIX(恐怖指数)でEAの停止を行うツールなどを使うことも可能です。

【メリット】
・24時間取引してくれる
 システムトレードはあなたの代わりに取引できるチャンスがあれば、淡々とトレードを行ってくれます。トレードに時間を割けない方にとってはとても便利な武器になってくれるでしょう。

・感情にコントロールされることなく淡々とトレードしてくれる
 裁量トレードで負けが続き、ロットを大きくしてみたり、逆に少ない利益ですぐに利確してしまうといった、人間にありがちなルールの自己都合化がありません。

・初心者でも始められる
 FX取引を行うにはまず勉強から…といった必要がなく、誰が使っても同じ結果になるのがシステムトレードです。

【デメリット】
・取引頻度を自由に増やせない
システムトレードは予めプログラムされた条件通りに取引をするため、EAのタイプによっては月に何度かしか取引をしない場合もあります。

・相場に合う、合わないがある
EAの取引タイプによって、順張りに向いている時期、逆張りに向いている時期などがあるため、すべての期間において成績が一定になることは少ないです。去年は良かったが、今年はあまり成績が振るわないということもあるため、運用する時期なのかどうかをある程度裁量で判断する必要があります。

自動売買運用に必要な設備と環境について

MT4上で自動売買(EA)を運用するのに必要なものは以下の通りです。
・MT4(MetaTrader4。MT4が使えるFX会社で口座開設をする必要があります)
・EA(自動売買用プログラム)
・EAを運用するのに必要な運用資金
・24時間稼働可能なPCまたはVPS(クラウドサーバー上に仮想PCを置き、そこでMT4を立ち上げておく)

利用する口座を変更したい場合はどうしたらよいですか

EAは1EAにつき、1リアル口座、1デモ口座でご利用いただけます。
認証されている口座以外で利用したい場合は、登録口座をリセットする必要があります。

注意事項

本EAの提供によって投資助言行為を行うものではありません。EAの稼働タイミングや取引ロット数の判断は必ず使用者の判断で行なって下さい。

最後に管理人が利用している案件のご紹介

私は、FX-PAMMのBahamut(バハムート)PAMMとFX-EAのPhoenix(フェニックス)EAをメインに利用しています。
FX-EAも良いですが、環境構築や手軽さトレーダー任せで完全裁量取引で言えばPAMM。FXトレードのポジションを見て為替の変動を楽しみたいのであればEAと使い分けてみてはいかがでしょうか。

バハムートPAMMは数あるPAMMの中でも「成功報酬0%!複利運用且つ月利10%~15%で毎月安定の月利(最大勝率90%!)」に優れたPAMMです。

安定した月利を狙ったPAMMであっても、このバハムートPAMM以上のものは早々作れません。

自分でトレードを勉強するより、他のEAを利用するよりは、遥かに「稼げる」ので、個人的にはすごくオススメです。

PAMMを利用したことがない場合は、はじめてのPAMMに戸惑うこともあると思いますが、「人生は行動しないと何も変わらない」のが事実です。

無料で利用できるのにオープンチャットや公式LINEでの個別サポートが完備されているEAのコミュニティは他にないので、ぜひ一度トライしてみてください。

参加はこちら

最後にFX投資について紹介してきました。

一つの稼ぎ方として参考にしてもらえればと思います。

※PR 記事内に商品プロモーションを含む場合があります

よかったらシェアしてね!
目次